移住者インタビュー

京都府相楽郡南山城村から移住
Iターン

乾郁朗さん・富美さん

   海辺 ×   農業

前職で培った椎茸栽培の知識を

舞鶴に広めたいと活動中!!

京都府唯一の村である南山城村から移住した乾さんご夫婦。自営で行っていた農業を娘さん夫婦に任せ、第二の人生をおくる場所を探していたところ、知り合いを訪ねた際に目にした、海辺にひらけた田園風景と、舞鶴湾の入口から眺める日本海の美しさに魅せられこの地への移住を決意。小さな入海を抱いた波静かな風景には、貨物船や海上自衛隊の艦船も姿を現す。時折通る豪華客船もまた画になる。新鮮な魚介類と自宅から眺める夕日は晩酌の肴に最高だという。日本海の雪景色も然り。

現在は、知り合いのお店で働きながら、前職で培った椎茸栽培の知識を舞鶴に広めたいと活動中。雨の量も含め椎茸栽培には適した気候。素直な気持ちでご夫婦を迎えてくれた村の方への恩返しの一端にと、そしてこの地で生きた証にしたいと郁朗さんは穏やかに笑う。