移住者インタビュー

京丹後市網野町から移住
Iターン

Metel珈琲 木下恵さん

   起業(カフェ) ×   子育て

昔からの夢だった カフェを、舞鶴で実現!

実家からあまり遠くない所で住む所を探していました。舞鶴は何故か前から気になる街だったので、「舞鶴に行けば何かできる。」と思い移住。

 

その後、結婚・出産を経験。子育てに忙しい日々だったが、昔からの夢であったカフェを実現するためにコーヒーの勉強を始め、2010年にMetel珈琲をオープン。「子育てに影響のないよう無理をせず今できることをしたい。」と思い始めたカフェも今では子どもたちがコーヒーの包装紙に絵を描いたり手伝ってくれている。

 

お店に来てくださっている、子育てしながら何かをしている方達と話が盛り上がり、子どもも自分たちも楽しむイベント『まんま・みーあ』を立ち上げた。今度は、子どもが大きくなってきたからこそ出来る新たなイベントを企画中。舞鶴での生活を楽しむのは自分たち次第、これからも無理をせずプラス1か2を楽しみますと笑顔で語った。

「舞鶴に行けば何か できる」と思って移住しました!