補助事業(農漁村エリア)

舞鶴市では、田舎暮らしが楽しめる農漁村地域を集約するため「移住促進特別区域」を設定しています。

​その「移住促進特別区域」へ居住誘導を行うために、移住者向け・空き家提供者に補助を行っています。

現在は、西舞鶴の加佐地区、東舞鶴の大浦地区が「移住促進特別区域」に指定されています。

 移住者向けの補助制度

 「移住促進住宅整備事業」 

移住者に空き家の改修工事費用の一部を補助します。

条件

市が運営する「移住促進区域空き家バンク制度」を利用して、空き家を購入または賃借した人

空き家の改修工事の完了後、10年間は活用する予定のある人

補助額

市外 からの移住

上限180万円まで

市内 からの移住

上限90万円まで

移住者金利負担軽減事業」

空き家の取得または改修に必要な資金調達を目的とした融資に係る金利負担を軽減します。

条件

舞鶴市外から移住される方

補助額

金利負担額 × 利率 

           ・融資に係る事業年度の平均残高の0.5% 

​           ・軽減を行う前の融資に係る利率の2分の1

下記のいずれか低い額

           

 空き家提供者向けの補助制度  

​ 

家財道具等の撤去費用を補助します。

条件

市が運営する「移住促進区域空き家バンク制度」を利用して、空き家を売却または賃貸した人

補助額

1件あたり10万円

詳しくは、農林課(0773-66-1023)まで。

メールでのお問い合わせはこちらまで。