補助事業(まちなかエリア)

舞鶴市では、公共交通の利便性が高く都市基盤が整っている鉄道駅周辺を「まちなか賑わいゾーン」と設定しています。

ここにある住宅地は歩いて暮らせることが特徴です。

その「まちなか賑わいゾーン」にあり、特に人口減少が予測され、重点的な居住誘導施策が求められる地域を「まちなかエリア(居住誘導区域)」と位置づけをし、まちなかエリアへの定住を促すため移住者、空き家提供者に補助を行っています。

 移住者向けの補助制度

 「舞鶴市まちなかエリア定住促進空き家再生事業」 

空き家の改修工事費用の一部を補助いたします。

条件

まちなかエリア外に住所がある

市が運営する「まちなかエリア空き家情報バンク制度」を利用して空き家を購入または賃借した人

空き家の改修工事の完了後、5年以上そこに住む予定のある人

空き家所在の自治会に加入し、地域の活性化に寄与する意思のある人

市税を滞納していない人

工事の条件

居住部分に対する改修工事

舞鶴市内事業者が行うもの

改修工事費用が10万円以上

空き家の売買または賃借契約日から3ヶ月以内に着手するもの

補助額

市外 からの移住

【購入】事業費×2分の1 (限度額100万円

【賃借】事業費×2分の1 (限度額60万円

市内(まちなかエリア外) からの移住

《65歳以上の方が1人以上居住》

【購入】事業費×2分の1 (限度額60万円

【賃借】事業費×2分の1 (限度額36万円

《上記以外》

【購入】事業費×4分の1 (限度額30万円

【賃借】事業費×4分の1 (限度額18万円

 空き家提供者向けの補助制度  

​ 「舞鶴市空き家流動化促進事業

家財道具等の撤去費用を補助します。

​条件

「まちなかエリア空き家情報バンク制度」を通じて空き家を提供された方

補助額

1件あたり10万円

詳しくは、都市計画課(0773-66-1048)まで。

メールでのお問い合わせはこちらまで。