住む

舞鶴市「空き家情報バンク制度」

舞鶴市では、子どもの声が聞こえ、にぎわいのある持続可能な地域をつくるため、空き家を活用した移住を促進しています。

現在、「まちなかエリア」と「農漁村エリア」の2地域にそれぞれバンク制度を設けており、移住される方へのリフォーム補助をはじめ、地域へ移住希望者がスムーズにとけ込めるよう市がサポートします。

まちなかエリア空き家情報バンク制度

まちなかの空いている住宅を住みたい人に紹介する制度です。居住誘導エリアに建っている、現在居住する者がいないか近くいなくなる予定の居住用の一戸建ての建物(併用住宅を含む。)が対象です。

    東地区                        西地区

青枠の範囲内がまちなかエリア(居住誘導エリア)です。

農村集落空き家情報バンク

舞鶴市の「農村集落空き家情報バンク」は、登録のあった空き家情報等を、舞鶴市の農山村集落へ移住を考えている人に提供し、移住に結びつけるシステムです。 まじめに「田舎暮らしを考える人」、その人を受入れ一緒に新しい集落活動を行っていこうとする人、またそういう人にその「場」を提供しようという人、そんな人と人との「出会い」をサポートします。

空き家等を所有する提供者からの申込みや、舞鶴市への移住等を希望する利用者からの申込みを市が「情報バンク」として受付け登録し、利用者の希望と物件が合致したとき連絡をします。

登録できる情報は、市内の農村集落にある空き家で、また附帯物件として農地がある場合は、農地の情報も登録します。

登録は情報提供者から登録取消しの申し出がない限り、引き続き行われます。登録期間中も所有者の空き家・農地の利用や処分などは自由に行え、取消しの申し出があればいつでも取り消すことができます。

舞鶴市への移住等を希望される方に対して、新規の空き家情報が登録されると随時、情報提供します。

情報提供を希望される方は下記の登録申込書でお申し込みください。

舞鶴市居住促進住宅事業

市が市内の空き家を借受け、一定の改修を行ったうえで本市への移住希望者へ貸しだす「お試し住宅」事業を実施しています。入居に関するお問い合わせは移住・定住促進課までどうぞ。

詳しくはこちらのページをご覧下さい。